総合心理教育研究所の3つの研修手法

※①~③の研修の成果を測定し、フィードバックを行う

人事ご担当の皆様へ

管理職・ライン長の皆様へ

一般職の皆様へ

以下、研修内容

生産性向上・人材育成の観点から見た、人事が考えるべきメンタルへスルマネジメントとは

対象 人事ご担当者
時間 半日~1日 *ご希望に合わせて対応可能

メンタルチェックが義務化され実施される中で、新型うつ病や自閉症スペクトラム(アスペルガー・ADHD)、発達障害等の適応上の案件や、メンタル訴訟等の増加傾向が指摘されています。この問題に対して、疾病の早期発見・治療という枠だけでなく、HRMやリーダーシップ、セルフケアという観点からソリューションを提示し、メンタルヘルスの目的である「安全配慮義務・生産性向上・人材育成」を向上させるためのアプローチについて論じます。

HRMのためのソリューションの提示

対象 人事ご担当者
時間 半日~1日 *ご希望に合わせて対応可能

近年、「メンタルヘルス」という名称は、テレビ、新聞などのメディアを通じて頻繁に喧伝され、大きな経営課題になっており、人事ご担当の方が、企業内でどのような取り組みを導入・実施されるかによって成果は異なってきます。この分野に関するフレームワーク、体制づくり、人材活用の方法まで、40年間多くの企業様で実践続けているノウハウを共有していきます。
テキスト教材として、佐藤隆著(2007)「ビジネススクールで教えるメンタルヘルスマネジメント入門(ダイヤモンド社)」を使用していきます。

ラインケア研修

対象 管理職
時間 半日(2時間)~1日 *ご希望に合わせて対応可能

企業内のメンタルヘルスの成果をあげるには、ストレスに対する理解を深めるとともに、メンタルヘルスを「疾病とその解決」という狭い範囲ではなく、HRM、リーダーシップ、セルフケアという観点からのアプローチが必要になります。管理職には徹底した事例の問題解決プロセスを通じて、安全配慮・生産性の向上・人材育成のためのマネジメント能力を向上させます。

管理職のためのメンタルヘルス研修

対象 管理職
時間 半日~1日 *ご希望に合わせて対応可能

メンタルヘルスの基本から精神や心の病の種類、職場での予防対策や復職支援リワークプログラムの種類まで実践事例で学んでいきます。勤務状況に現れるメンタルヘルス不調のサイン。突然提出された診断書の読み方から職場復帰のステップまで。
テキスト教材に佐藤隆著(2011)「職場のメンタルヘルス実践ガイド(ダイヤモンド社)」を使用します。

怒りのコントロールセミナー

対象 管理職
時間 半日~1日 *ご希望に合わせて対応可能

職場の心の健康を守るのは、マネジャーの仕事です。しかし、そのマネジャー自身が多くのストレスに見舞われています。自己の心の中で沸き起こる怒り(アンガー)やイライラのコントロール、職場のメンタル不全が引き起こすリスク、予防のためのマネジメント手法、法的な知識、病院との連携等を、豊富な事例とチェックリストでわかりやすく解説し、その方法を身に付けます。

傾聴研修

対象 管理職、一般職
時間 半日~1日 *ご希望に合わせて対応可能

働く人のストレスの原因として、職場の人間関係がよくあげられます。よりよい職場の人間関係構築の方法の一つとして、「傾聴」技術について、実践を交えながら身につけていただきます。話を聴く、という事に特化し、職場のコミュニケーションを円滑にする方法、安全配慮義務の履行のための傾聴法の活用方法について、職場で実際に使える方法を共有していきます。

ストレス対処法(コーピング)セミナー

対象 一般職
時間 半日(2時間)~1日 *ご希望に合わせて対応可能

厚生労働省が掲げる「職場における心の健康づくり」の4つの指針の中に「セルフケア」がでてきます。セルフケアのポイントは自分自身のストレスをきちんと把握し、具体的な対処をしていく事です。そのための、自分自身のストレスに気付き、的確に対処するための、効果のあるストレス対処法(コーピング)を習得していきます。
なお、研修の中でTHQストレス診断を使用します。

職場復帰への支援

対象 一般職
時間 半日(2時間)~1日 *ご希望に合わせて対応可能

メンタルヘルス不全による休職件数は増加しており、円滑な職場復帰のためには「心の病の再燃・再発防止」のための支援が必要です。総合心理教育研究所40年の職場復帰支援のノウハウを活用して、成功する職場復帰支援の具体的実践方法を共有します。特に、職場におけるメンタルヘルス、各種疾病による経済的損失等を例示しつつ、臨床的な成功事例、失敗事例から抽出された成功のためのエッセンスを共有していきます。

お申込み・お問い合わせ

各種研修へのお申込み、お問い合わせは、こちらまでお願いいたします。