2011年3月2日

最近、このHPへのアクセスキーワードに「ひそめ眉しかめ顔とがり口というのが多いです。これに「空笑」が加われば、いわゆる「統合失調症」的傾向の一つと考えられています。一方ビジネス書ではコミュニケーションの重要性が指摘され、「顔の表情」が伝える情報量は「話す」や「聴く」よりも多いのです。そこで「にこやかに」ということが強調されるのでしょう。人間は感情の動物です。いつもにこやかがいいのですが、時には「しかめ顔」や「とがり口」になることもあります。だからと言って「人の顔色」だけ見るのも心が疲れてしまいますね。