ストレス快笑? 50の知恵シリーズ(25) ローゴは一日して成らず

老人福祉の専門家である吉澤氏と会食した。

最近、増加しているのは“定年退職後の恵まれ過ぎた老夫婦夫のモメゴト”と“不毛老人”であるとのこと。

豊作老人ならず不毛老人の増加は、厚生省の人口動態統計局のデータによると、昭和25年当時よりも数倍に達している。それも、結婚歴25年以上のベテラン夫婦に多いのである。

なぜ、長い間、うまくいってきた老人夫婦に急に問題が発生するかというと、次の理由による。

  1. 子は“かすがい”のかすがいが取れてしまった状態になってしまうこと
  2. 近代化、欧米思想により「自分を大切にする」風潮が高まり、「世間体」や「人生の失敗」を恥としなくてもよくなった。
  3. 子ども達の独立とともに、夫婦のみが残され、二人の結びつきが強化されエンプテイ・ネスト(空っぽの巣)と称される第二の新婚期に向かうため。

ライフワークは“豊作老人”を作る

二宮金次郎的実直亭主が、定年後二人だけの生活に入ると、ある日突然「オレはブスと結婚してしまった」とか「もっといい嫁をもらっておけば良かった」とか「もう少しお前の頭がよかったら」等々言って奥さんを困らすのである・・・という。

専門家によれば、かような“もめごとゴタゴタグチグチ老人”はその人の人生を逆のぼってみると、必ずや幼年期、青年期に女性を困らせたり、家庭を返り見なかったりする人に多い…とのこと。

これより、“ローゴ(老後)は一日にして成らず”の格言が生まれる。

“家庭”をかえりみない男性や「プレイボー」や「いけめん」と称している諸君は、老後にきわめて辛いツケが回って来ることになるのだろうか。これに対して、“豊作老人”とは

  1. 仕事への情熱を持っている人
  2. 豊かな趣味を持っている人
  3. 奉仕活動による人助けをしている人

の男命を三節の道にかけている人々にほかならない。

だが、残念ながら、現在、日々、勤労に汗している人に「ご趣味は」と聞くと「無趣味」と返答する人が少なくない。

総理府老人対策室の調査でも、老人に多い趣味は園芸、庭いじり、散歩、ラジオ、テレビ等であった。

老人の最適な趣味の7つの条件は次のとおりである。

  1. 体力に応じ
  2. 頭を使い
  3. お金がかからなく
  4. 近所でできて
  5. 自分が参加でき
  6. しかも多くの仲間と楽しみ
  7. 結果が形となってでてくるようなもの

がいい。

まさしく、“ローゴは一日してならず”の如く「すこやかにいきる」に積極的に徹し、一日一日を大事にし「小さな徳をつみ」に汗することは豊作老後、実り多き人生のための最良の手段であろう。

関連記事

  1. 本日天気晴朗ナレドモ浪高シ・秋山真之の謎を解く

  2. ストレス快笑? 50の知恵シリーズ(21) マイクをにぎると興奮するヒ…

  3. ストレス快笑? 50の知恵シリーズ(27) セロトニン居酒屋

  4. 今朝のカウンセラーからの一言

  5. 海賊とよばれた男 百田尚樹著

  6. 無面従退有後言を実行しよう