なぜ、ハードワークでも心が折れない人がいるのか?

グロービス経営大学院の「リーダーシップとメンタルヘルス」の授業終了後の雑談で良く起きる話題が「なぜ、ハードワークでも心が折れない人がいるのか?」である。

日本のメンタルヘルスは「心の病」を中心に進められてきたので、打ち勝つ方の研究はメンタルヘルスでは最近の話題である。

代表的なものが「レジリエンス研究」である。

科学的に逆境や困難に打ち勝つ方法の研究のことである。

わが国では、なぜ「おちこむのか」といった、ネガティブ要因の研究はされてきたが、欧米と異なりポジティブ要因の研究はされてこなかった。

心が折れない人の特徴はハーデネスと言われていて、いつも安定した感情のコントロールができる人だ。その特徴は

  1. ハードワークを楽しんでいる。
  2. ネガティブ感情に対するコーピングがしっかりできている。
  3. マインドフルネスをしている。
  4. マインドワンダリングに対処できている。

いい。気晴らしが効果的であるのはこのような理由だ。

関連記事

  1. カウンセラーからの一言

  2. 成果を上げる適応モデルによるメンタルヘルス

  3. 世界のエリートはなぜ、この基本を大事にするのか?

  4. ストレス快笑? 50の知恵シリーズ(29) 緊張しないスピーチのコツ

  5. ストレス快笑? 50の知恵シリーズ(22) ロサンゼルスより愛をこめて…

  6. 心と体守る長期戦・・私たちは何ができるか?