人事担当者のためのメンタルヘルス基礎知識

人事担当者のためのメンタルヘルス基礎知識

 

「ストレス・パラドックス」とは、ストレスに関する以外に変なことです。

私の40年のストレスに関する研究では「良く仕事をしている人ほど、ストレスは高く出ます」を見出しています。これは、セリエ博士のストレス学説からすると、当たり前のことです。THQストレス診断のセルフケアでは「ストレスが多いのは、仕事で努力している証拠」と思ってください・・と説明してきました。

何もしない人はストレスがかかりません。

 

スタンフォード大学やギャラップ世論調査でも、「子育て中の人はストレスが高い」ということだけが報道されてきましたが、最近では「喜びも多い」、「起業した人はストレスが高い」が「学びも多い」というプラスの面が強調されるようになってきました。

さらに、研究では「多忙でストレスの高い人ほど、生きがいも多い」ということがわかってきました。

また、ストレスの少ない生活を送っている人ほど、幸せをあまり感じていないことも、最近の調査によってわかってきました。

こちらが、ストレス学説のカナダストレス研究所やスタンフォード大学などの考えです。

 

よい、ストレスチェックを使用しないと、努力している社員が何だかわからなくなりますよ。

参考文献:スタンフォードのストレスを力に変える教科書、ケリー・マクゴニカル著、大和書房

関連記事

  1. カウンセラーからの一言

  2. 本日天気晴朗ナレドモ浪高シ・秋山真之の謎を解く

  3. 今朝のカウンセラーからの一言

  4. カウンセラーからの今日の一言

  5. カウンセラーからの今日の一言

  6. 次世代リーダーとメンタルヘルス