アヒルの水掻きと、メンタルヘルス

アヒルの水掻きと、メンタルヘルス

水面上のアヒルは、見えます。水面下の水掻きは、見えません。
凄腕人事部長は、ストレスチェックを、選ぶ時に、見えるアヒルだけで、判断せず、水掻きの推進力で、選びます。つまり、財務リスクと訴訟リスクを防止するサービスを持っているかで判断します。
それは、難問をどれだけ解決したかという実績です。
アヒルの水掻きを、見ぬ家内人事部長は、見た目と値段で、ストレスチェックを導入します。
浮かんでいるアヒルならば、風呂場のプラスチックのアヒルのほうが、まだ、安いだけましですよ。
社員の幸福は、凄腕人事部長かどうかによって影響されるような、気がします。
よくやっている会社は、日曜日であろうと、きちんと社員のために努力しております。
見えないところで、一生懸命、水掻きしております。だから、うまくいっているのです。ストレスチェックを入れたからうまくメンタルヘルスが、回っているのではなく、見えないところで、あせかいて努力しているからです。
これから、カウンセリングです、長崎、よかとこ弁当で。食事中です、笑い。

関連記事

  1. ストレス快笑? 50の知恵シリーズ(42) 分かりやすい話

  2. うつ病の治療指針定まる

  3. 温厚部長か猛烈課長か、それが問題だ 職場の「確執」に悩んだときは

  4. なぜ、ハードワークでも心が折れない人がいるのか?

  5. 今朝のカウンセラーからの一言

  6. カウンセラーからの今日の一言