メンタルヘルス最前線⑤ ”ハイテク職場の”過換気症候群”

メンタルヘルス最前線⑤ ハイテク職場の”過換気症候群”

総合心理教育研究所主宰  佐藤 隆

キーワード

1.心身的ストレス症状

<27歳、エリート技術者のケース>

A君27歳、一流大学の大学院卒業、電子技術者である。

最先端の技術開発競争の場で、A君も第一線技術者として全知全能を傾注し、日夜仕事に励んでいた。

たくましきスポーツマンであり、美人の妻や子供に囲まれ、何不自由ない生活に見えた。

しかし、業務は多忙であった。上司も良き人格者であり、何かとエリート技術者のA君には気を配っていた。

A君のストレス解消法は、もっぱら会社が法人会員になっているフィットネスクラブで、エアロビクス、スイミングをして思いっきり汗を流すことだった。クラブから皆勤賞を授与されるほど、A君の生活は、「二十四時間働ける、イキイキエリートサラリーマンライフ」であった。

<コンピュータールームで呼吸困難になり、救急車で入院>

そんな充実した人生のある日、A君はいつもの通りコンピュータールームで同僚のB君と仕事をしていたが、突然、呼吸困難になり、その場で倒れ過呼吸状態になった。本人の必死の助けを求める声に応じてB君は、すぐ救急車を依頼し無事入院に至った。

病院での診察、検査の結果、診断名は「過換気症候群」であり、「何かの心理的なものですよ」と言われ、その日のうちに帰された。

一度パニックを体験したA君はすっかり自信を喪失し困り果ててしまった。同僚、上司も、「お医者さんが薬を与えるだけで『心理的なものですから』としか言ってくれないので、職場の健康管理上心配でしょうがない・・・」と言ってメンタルヘルス相談に訪れた。

<良き職場環境も本人の受け入れ方しだい>

A君の職場は、コンピュータールームであり、もちろん粉じん、騒音もなく静かなエアコンが適度に効いている清潔なクリーンルームである。しかし、A君その部屋にいると息苦しくなってくるのであった。その理由は分からない。上司も、今の職場に満足かと何度か心配してくれたが本人は「他に比較するととってもいい環境だから、別に今の職場がキライで異動したいわけではない。しかし、なんとなく息苦しいんですよ」と答えるのみであった。

<なぜA君は「職場で息苦しくなる」のか?>

A君に対して心理テストをやってみると、本人が「私は元気です」というのと比較して、心身的にはストレス症状がいっぱい出てきた。

その中の反応の主なものをあげてみると、

①ときどきめまいを起こす

②体が急に熱っぽくなったり、冷たくなる

③ときどき気が遠くなって倒れそうになった

④仕事をするとぐったり疲れきっていたことがあった

⑤朝は本当は起きるのがつらかったが、わざと張り切って起きていた

⑥毎日、何かしら不安だったので、余裕が生まれないようわざとめちゃくちゃに忙しくしていた

⑦イライラをコーヒーやお酒でまぎらわしていた

⑧物理的には、とても環境がいいと思っていたが、仕事ぶりを見られていたりすると緊張してとても疲れた

⑨頭の中が混乱し、業務内容を取り違えてしまうことがあった

⑩一人ぼっちでとても寂しいことがあった

などであり、はたで見ていた「元気そうなA君」とは違って、心の中はクタクタに疲れ果てていたというイメージが浮かび上がってきた。

<音楽療法で「倒れて後病む」から「倒れる前に休む」に変容!>

A君は「過換気症候群」であるため、ゆったりと静かなまどろみの時間を持つ必要があった。そのため、各種のセラピー、医師の投薬のほかに、毎日、音楽療法を実施した。しだいに症状は改善され、今は「本当のイキイキエリートサラリーマン」に生まれ変わり、業務に専念している。

会うと「倒れて後病む」ではなく「倒れる前に休む」に、心のスイッチを切り換えました・・・と一言、白い歯でニッコリほほ笑んだ。

関連記事

  1. ストレス快笑? 50の知恵シリーズ(17) いこじ症候群(2)

  2. 人生の発達課題について考えてみました。

  3. カウンセラーからの今日の一言

  4. カウンセラーからの今日の一言

  5. 若き日本企業のミドルリーダーとメンタルヘルス勉強会

  6. ストレス快笑? 50の知恵シリーズ(31) 「若者が弱くなった、ストレ…