お客様への目に見える成果・フィードバック
適切な分析、対策で
長年大きな効果を上げております。

なぜ、長年ご依頼いただくのか

疑問に答えます。お客様への目に見える成果のフィードバックです。
以下は、多くの中から、4つのケースでご紹介いたします。

ケース1精密機械メーカー企業様  従業員数 23000名

「超多忙職場の過重労働技術者」へのメンタルヘルス対策として問題の特定と解決策を出すため「課題解決型THQストレス診断」を23年前から導入。分析結果としてHRM,リーダーシップ、セルフケアの3領域への適切な処方箋を提供いたしました。メンタルケア充実のため企業の産業医、保健師へのサポートとして当研究所の臨床心理士を派遣し、全員に1時間カウンセラーとの面接を実施。各個人にTHQカードによる心の健康度アップ等を継続実施することで職務満足度が向上しました。休職件数が有意に減少しました。現在も継続実施中です。日本全国でサービスを展開しています。

メンタルヘルス格付け BBからAに上昇。効果金額 1億3000万円

ケース2販売サービス企業様 従業員1000名

従業員の士気の低下や退職率の高さのために「課題解決型THQストレスチェック」を導入。「10年間でメンタルヘルス不調者、休職者をゼロにして、生産性と人材育成を向上させること」を目標に、戦略を企て実施した結果、年々メンタルヘルス不調者による休職者や退職者が着実に低減し、10年目で休職者ゼロを達成しました。

メンタルヘルス格付け CからAAAに上昇。効果金額 1億5600万円

ケース3コールセンター企業様 従業員50名

退職者が多く、離職防止のためのメンタルヘルス対策として「課題解決型THQストレス診断」を導入。ビッグデーターを活用し、ストレス要因、重相関分析による改善を提出して、社員個別には継続的コーピング(研修を実施して、その研修効果を提示)を実施致しました。その結果、離職率が大幅に低下し、月1名の退職ベースが半年1名のペースに改善した。

メンタルヘルス格付け CCからAAに上昇。効果金額 2500万円

ケース4外資系金融証券企業様 従業員800名

「課題解決型THQストレス診断」を活用して、勤怠管理と紐づけ組織分析、職場分析をしました。月間メンタルヘルスランキング、月間メンタルヘルス効果金額を経営会議の参考とし、対策を進めています。

メンタルヘルス格付け BBBからAに上昇。効果金額 2500万円

これらの効果を得るための研修

もっと詳しく