導入会社インタビュー|事例/実績|総合心理教育研究所 東京セリエセンター:メンタルヘルス対策・ストレスマネジメント

導入会社インタビュー

法人会員様の声

株式会社トライム

株式会社トライム 代表取締役 遠山拓朗様

2011年10月 弊所メンタルヘルス施策導入。

Q 導入されたきっかけは?

A 以前から経営者の集まりで課題となっており、総合心理教育研究所様は長い間コツコツとメンタルヘルス施策を展開し、日本企業にとどまらず、外資の名だたるトップ企業を顧客としてお仕事されていることも聞いておりました。特に営業活動もしておらず、契約企業様からのご紹介や口コミで事業を展開されていること、全スタッフ専門家で構成されているとで、非常に魅力的に感じました。
弊社はIT企業ですので、神経を使う仕事です。「社員の活力アップ」のための良い方法がないかと探していたところ、知り合いの社長に紹介いただきました。

Q 弊所のサービスについてどう思いますか?

A どう対応して良いかわからないときに、迅速にご対応いただき、大変感謝しています。私たちでは理解できないことを、とてもわかりやすく説明していただいたり、メンタル不調になった社員に対して非常に丁寧に対応していただき、ありがたく感じています。予防や未然防止の観点からメンタルヘルスを展開されているので、決してネガティブなものではなく、ポジティブなものとして施策に取り組むことができ、研究所のカウンセリングやセミナーを利用することに抵抗を感じている社員は少ないと思います。メンタルヘルス不調者を減らすということではなく、企業の生産性アップのために非常に重要なサービスであると感じています。

Q 弊所を利用するメリットは?

A 代表の佐藤様が40年間産業メンタルヘルス活動に従事されていることから、企業の特徴だけでなく、経済状況の流れを加味した上で長期的な施策をご提案していただけることです。一過性の施策で終了してしまうのではなく、企業の繁栄や社員の意識向上のために弊社の一員となって親身に対応してくださいます。また、長期的な対策とういうことから、料金も非常に見合った金額を提示してくださり、無理なくメンタルヘルス施策を展開することができています。

このページの上部へ

アクセスマップはこちらから